両親の看護と介助がしんどい!

親のケアから持ち上がる複雑な問題の一つに、介助・看護を行う側の心労を挙げる人が多くいます。

とりわけ自宅での看護の場合、寸刻も油断できない状態ですし、自身の自由になる時間を確保できない部分が心痛をため込む大元です。

在宅介護する側からすると、連帯感の無さは多大な精神的疲労となり得ます。

ですので貴方ひとりが抱え込むのは止め、出来るだけ受け持ちを分担するように家族全員と十分話し合う事です。

加えてちょっとずつでも補助してくれる人、グチに付き合ってくれる友人を見つけてみましょう。

非営利法人以外でも看護と介助事業に加わる企業が近年では増えつつあります。

そして、介護保険の適用対象となる福祉は勿論の事、お弁当の配達・家事のサポートなど現場のリクエストに応えるサービスに至るまで、様々な事業もできているのが現状です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする