家族の看護・介助が元の心的負担低減のメソッドとは

両親の介護が引き起こす厄介な問題として、介助と看護人が被る精神的な疲れを指摘する方が多くいるでしょう。

中でも居宅での看護ともなるとほとんど目が離せない毎日になり、自由に使える時間がなくなってしまう点も精神疲労が溜まる主要な要因です。

30台で既に両親を介助・看護する場合は、既婚かどうかで相談事の性格が違ってくるものです。
例えば結婚していない場合実の父母ですが、一方既婚は義父母を介護する事もある為です。

どの場合でも、不安は決して1人でため込まない事が重要です。

看護と介助の苦悩に関しては、可能な限り身近な人に打ち明けるのがお勧めです。
自分自身で全部片付けよう、この様な心がけ自体は尊いですが、やはり頼みとする人が側にいると安心なもの。
気疲れが降り積もらない様心がけてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク